インスタグラムで相手をブロックするとどうなる?

こんにちは、神住です。

今回は、インスタグラムのブロックについて説明したいと思います。

迷惑なアカウントや「この人には投稿を見られたくない」などの場合、インスタグラムではブロック機能を使って特定の相手をブロックできます。

ブロックするとどうなるのか、複数ある自分のアカウントを使って実際にブロックして確認してみました。

スポンサーリンク

ブロックする方法

相手をブロックするアカウントをAとし、ブロックされるアカウントをBとして説明します。

ABは相互フォローしています。

AのアカウントからブロックするBのプロフィールを開きます。

画面右上の「」をタップします。

出てきたメニューから「ブロック」を選択します。

ブロックしますか?の確認画面が出てきますので、「ブロック」をタップします。

これでBがブロックされました。

ブロックするとどうなる?

ブロックされたBから見るとどうなるのか確認してみました。

BのアカウントからAを検索してみました。

フォロワーの中にはAはいなくなりました。

フォロー中のユーザーからもAは消えています。

アカウント検索でもAのアカウントは見つかりません。

このことから、ブロックすると自動的に相互のフォローは解除されます

また、お互いにそれぞれのアカウント自体が見つけられず、投稿閲覧、フォロー、コメント、ダイレクトメッセージなどができなくなります

ブロックされるとBは、Aを見つけられず、Aの投稿を見ることもAにアクセスすることすらできなくなります。

ブロックの解除

ブロックを解除する方法も説明します。

Aのプロフィール画面の右上の「」をタップします。

オプションの「ブロックしたアカウント」をタップします。

ブロックを解除するBのアカウントをタップします。

ブロックを解除」をタップすれば解除完了です。

ブロックを解除するとお互いに検索すると見つけることができるようになります。

フォローは自動的に解除されていますが、再度フォローすることができます。

まとめ

インスタグラムのブロックについて説明しましたが、いかがでしたか。

ブロックすれば完全にお互いアクセスできなくなります。

ブロックする相手が知らない人なら問題ありませんが、知り合いの場合は気を付ける必要があります。

ブロックしたことがバレて、関係が気まずくなることも考えられます。

その場合はブロックではなく、サブアカウントを作って複数のアカウントを使い分ける方法もあります。

私は友達に見られたくない投稿などは、サブアカウントで投稿するようにしています。

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする