サッカー中継のDAZNの1ヶ月無料お試し申込み方法と退会・再加入の仕方

こんにちは、神住です。

スポーツライブ中継のDAZNが人気ですが、特にJリーグ、海外サッカー、プロ野球、メジャーリーグの視聴には最適です。

視聴できるデバイスは6つまでサインインが可能ですので、スマホ、タブレット、パソコン、スマートテレビなどで見ることができます。

Jリーグもイニエスタやトーレスがやってきて盛り上がってきています。

一度、DAZNの1ヶ月無料のお試しを体験することをおすすめします。

今回は、このDAZNの1ヶ月無料のお試し申込みと退会・再加入の仕方について解説したいと思います。

スポンサーリンク

1ヶ月無料のお試し申込み

DAZNには最初1ヶ月の無料お試し期間があります。

無料で体験できますので、まずは視聴してみて有料(月額1,750円税抜)で継続するかどうか判断すればよいと思います。

無料お試しの申込みは以下の手順になります。

DAZNのアプリではなく、次のDAZNの公式サイトから登録します。

DAZN公式サイト

公式サイトを開いて、「1ヶ月無料!かんたん新規申し込み」をタップします。

アカウントの作成の画面になりますので、名、姓、メールアドレス、パスワードを入力します。

入力が終わったら、「次のステップへ」をタップします。

クレジットカードを登録しますので「クレジット/デビットカード」をタップします。
無料体験でもクレジットカードの登録が必要となります。

カード番号、有効期限、セキュリティコードを入力します。

次に「視聴を開始する」をタップします。

これで新規登録が完了します。
このまま視聴を続けると1ヶ月後に初回の支払いが発生します。
1ヶ月の無料視聴だけで終わる場合は、1ヶ月以内に退会手続きを行えばOKです。

スマホで視聴する

新規登録が完了したら早速ライブ中継を見てみましょう。

スマホで見る場合は、アプリをインストールします。

DAZNのアプリを開いて、「まずは、1ヶ月お試し登録」をタップします

先程、登録したアカウント(姓名、メールアドレス、パスワード)を入力します。

次に「視聴を開始する」をタップします。

DAZNの視聴画面が開きます。
ここから配信中のスポーツライブ中継や見逃し配信などを見ることができます。
DAZNではサッカー、野球、ラグビー、テニス、バスケットボール、ゴルフ、卓球などが見れますのでスポーツライブ中継を楽しむには最適なネットの配信サービスだと思います。

退会の方法

無料体験したけど、有料ではちょっとためらってしまう方は簡単に退会ができますので安心です。

退会するには、登録したときと同じ公式サイトにアクセスします。

初期画面の左上の三本線をタップします。

次の画面で「マイ・アカウント」をタップします。

ログインしますので「DAZN」をタップします。

メールアドレス、パスワードを入力してマイアカウントに進みます。

アカウントの登録情報が出てきます。

画面下にスクロールして「退会する」をタップします。

退会理由を選択します。

退会する」の退会ボタンをタップすれば退会が完了します。

再加入

退会したけれど、やっぱり見たくなった場合は再加入が可能です。

DAZNでは退会後もメールアドレス・パスワードは、残ったままになっています。

ただし、退会前に利用していたカード情報は削除されているので、再度クレジットカードを登録する必要があります。

DAZNに以前のメールアドレス・パスワードを入力してログインします。

利用料の請求が発生しますが、クレジットカードの登録を行えば、DAZNへの再加入が完了します。

まとめ

DAZNの1ヶ月無料のお試し申込みと退会・再加入の仕方について解説しましたが、いかがでしたか。

利用料を払う価値があるかどうかは、まず1ヶ月の無料体験をしてみて判断すればよいと思います。

また、退会、再加入も簡単にできますので、例えばJリーグならシーズンオフの期間は退会しておいてシーズンが始まるタイミングで再加入するという手もあります。

また、退会・再加入ではなく、最大4ヶ月の一時停止という方法もあります。

退会、一時停止いずれにしてもその期間は支払いが発生しません。

あと無料期間を続ける裏技として、メールアドレスを変えて新規登録を繰り返していく方法もありますが、倫理的に問題がありますのでおすすめできません。

スポーツのライブ中継を見るのは楽しいものです。

DAZNは好きなスポーツ、好きなチームの試合を選んで見ることができます。

一般のテレビ放送ではスポーツ中継は減っているなか、スポーツファンにとって貴重なスポーツ配信サービスとしてDAZNの利用者は今後も増えていくものと思います。

まずは1ヶ月の無料体験をしてみてはどうでしょうか。

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする