iCloudに「同期する」と「バックアップする」はどう違う

こんにちは、神住です。

iPhone6を落として壊れてしまい、新たにiPhone8を購入しましたが、機種変更設定の際に疑問に思ったことがありました。

iCloudに同期しているデータとバックアップしてあるデータはどう違うのかということです。

よくわからないので調べてみました。

調べた結果、同期とバックアップはiCloudにデータを保存するということでは同じですが、そもそも全く違う概念であり、対象となるデータが違うことがわかりました。

スポンサーリンク

同期とは

同期とは、2つ以上の異なる端末それぞれで、同じデータを見ることができる機能のことです。

同期していれば、iPhone、iPad、パソコンを持っていたとすると、iCloudに保存されているデータをそれぞれの端末から同じように見ることができます。

また、各端末でデータが追加・変更・削除されれば、それに合わせてiCloudのデータも変わります。

つまりネット上でiCloudのデータは常に更新され、各端末から最新のデータにアクセスできるということです。

iCloudで同期の対象となるデータは、以下のものです。

  • 写真(iCloudフォトライブラリを有効にしている場合は同期)
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • メモ
  • ブックマーク
  • ヘルスケアデータなど

バックアップとは

バックアップとは、iPhoneの中に保存されているデータを、iPhone以外の場所にも保存しておくことです。

iPhoneのデータの保存先は、基本的にはiCloudになります。

iCloudでバックアップの対象となるデータは、以下のものです。

  • App データ
  • 通話履歴
  • デバイスの設定
  • HomeKit の構成
  • ホーム画面と App の配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ
  • 着信音
  • 写真(iCloud フォトライブラリを有効にしている場合、写真やビデオは iCloud にすでに保管されているので、iCloud バックアップの対象外)

なお、バックアップしたデータを戻すには、復元を行います。

同期とバックアップでは、対象となるデータが全く違います。

このことがわかれば理解しやすいですね。

同期の設定

それでは、iPhoneでの同期の設定は、どうするのかみていきましょう。

「設定」⇒「iCloud」で各データの同期を有効にしていきます。

写真については、「写真」をタップして「iCloudフォトライブラリ」を有効にします。

有効にしてあれば、写真はiCloudに保存され、同期されます。

バックアップの設定

iPhoneでのバックアップの設定は、iCloudの画面で「iCloudバックアップ」をタップします。

「iCloudバックアップ」を有効にします。

これを有効にしていれば、WiFi接続時に自動でバックアップされます。

まとめ

iPhoneからiCloudに同期しているデータとバックアップしてあるデータはどう違うのか、よくわからないので調べてみました。

同期とバックアップはiCloudにデータを保存するということでは同じですが、そもそも全く違う概念であり、対象となるデータが違うことがわかり理解できました。

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする