インスタグラムでリツイートするようにリポスト(再投稿)する方法

こんにちは、神住です。

Twitterでは、ツイートされたものをリポスト(再投稿)するリツイートがよく行われます。

しかし、インスタグラムではこのリツイートにあたる機能がありません。

アプリを使えばリポスト(再投稿)できますのでその方法を紹介します。

リポストする方法

アプリのインストール

投稿写真をリポストする場合は、無料のアプリを使います。

いろいろなアプリがありますが、おすすめは「Repost for Instagram」です。

iPhoneの場合はApp Storeから「Repost for Instagram」をインストールしておきます。

Androidでも同じアプリがあります。

リポストしたい投稿をコピー

インスタグラムのホーム画面からリポストしたい投稿写真があれば右上の「…」をタップします。

次に、「リンクをコピー」をタップします。

「リンクがクリップボードにコピーされました」が出ます。

アプリでの操作

次にインスタグラムは閉じて「Repost for Instagram」アプリを起動すると、先程のリンクをコピーした投稿が表示されますので、そこをタップします。

次に画面下の「Repost」をタップします。

コピーした投稿写真が写真ライブラリーに保存されます。

次に「Copy Caption & Open Instagram」をタップします。

「Got it」をタップします。

「+」フィードを選択します。

インスタグラムでの操作

インスタグラムの画面に切り替わります。

サイズを調整します。

写真にRepostのアイコンと元の投稿者ネームが入っているのを確認して、「次へ」をタップします。

フィルターを選択して、「次へ」をタップします。

キャプションはコピーしてあるのでペーストして入力します。

ペーストしたキャプションには、#Repost、元の投稿者のユーザーネーム、元のキャプションが入っています。

#Repostが入ることでリポストの投稿であることを表しています。

次に「シェアする」をタップしすればリポストが完了します。

リポストした投稿です。

アプリから投稿写真を削除

「Repost for Instagram」アプリからリポストした投稿を削除する場合は、左にスワイプします。

次にDeleteをタップします。

もう一度Deleteをタップすれば削除されます。

著作権の問題

リポストに関係している著作権の問題について説明したいと思います。

インスタグラムでは自分が撮ったオリジナルの写真を投稿することが大原則となっています。

リポストの場合、無断転載として著作権法違反になる可能性があります。

著作権の問題は、元の投稿者のユーザーネームと写真を引用してリポストしていることを明示してあれば引用の範囲と判断されるのではないかと思いますが、明確ではありません。

著作権法の引用についての条文は下記のとおりです。

(引用)
第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

法律の解釈や相手によって判断が違ってきますので、無断転載にならないように、リポストする場合は元の投稿者にコメントやメッセージを送ってリポストの許可をもらっておけば間違いないと思います。

まとめ

Twitterのリツイートのようにインスタグラムでリポストする方法を解説しました。

お気に入りの写真をリポストする際には、参考にしてください。

また、インスタグラムでは写真の著作権の問題がありますので、リポストする場合は、元の投稿者からリポストの許可をもらっておく方がよいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする