Japan Connected-free Wi-Fi・登録、使い方とセキュリティ

こんにちは、、神住です。

今回は、無料のWi-Fiを横断的に使えるアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」について解説したいと思います。

Japan Connected-free Wi-Fiは、NTTブロードバンド・プラットフォーム(NTTBP)が提供しているフリーWi-Fi対応のスマートフォンアプリです。

元々は訪日外国人向けのWi-Fiとして運用が始まりましたが、我々日本人も使うことができ便利なWi-Fiサービスとなっています。

このアプリを利用することで、コンビニ、デパート、ショッピングセンター、商店街、空港、鉄道、バス、自治体、カフェ・レストラン、レジャー施設などの事業者が提供しているフリーWi-Fiサービスを簡単に利用することができます。

Japan Connected-free Wi-Fiのアクセスポイントは日本全国で17万カ所もあります。

普通はこれらのフリーWi-Fiに接続するには、そのサービスエリアでブラウザからメールアドレスを登録したりするなどサービス提供事業者ごとに登録が必要な場合があります。

Japan Connected-free Wi-Fiでは、アプリのインストール時に一度だけメールアドレス・年齢・氏名を登録するだけで事業者が提供している各Wi-Fiサービスに接続されます。

地図上から現在位置に近い無料Wi-Fiスポットを探し出し、接続することができます。

もちろん無料で手軽に利用できます。

それでは、Japan Connected-free Wi-Fiの登録、使い方、セキュリティについて説明します。

なお、説明はiPhoneでの操作説明になりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

利用登録

アプリのインストール

まずはAndroidスマートフォンの場合はGoogle Playから、iPhone/iPadの場合はApp Storeから「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリをインストールします。

利用登録

アプリを開いて利用登録を行います。

Japan Connected-free Wi-Fiへの登録はメールアドレス又はSNSアカウントで行います。
利用規約などに同意してメールアドレスで登録してみましょう。

メールアドレス名前性別年代お気に入りの地域を入力します。

登録内容を確認して登録します。

登録したメールアドレスにメールが送られます。

届いたメールに記載のURLをタップします。

登録情報確認済となりますので、アプリを起動します。

利用登録の完了です。

次に位置情報の利用について聞いてきますが、位置情報に基づいてWi-Fiスポットを検索しますから「このAPPの使用中のみ許可」を選択します。

通知の送信についてはどちらかを選択します。
これで登録と設定は完了です。

使い方

Wi-Fiスポットを検索

「Japan Connected-free Wi-Fi」を使うにはまずアプリを開きます。

Wi-Fiスポットを現在地の周辺や主要なエリアの地図から探すことができます。

アプリの最初の画面下部の「探す」をタップします。

次に「Wi-Fiスポット」をタップします。

現在地周辺のMAP又は主要な地域のAREAでWi-Fiスポットを確認します。

フリーWi-Fiに接続

Wi-Fiスポットに近づいたら、画面下中央の「接続」をタップします。

Wi-Fi設定がOFFの場合やアクセスポイントが近くにない場合「端末のWi-FiをONにしてください」と出ますので「Wi-Fi設定」をタップします。

スマホのWi-Fi設定をONにしてSSIDを選択します。
(Android端末ではこの操作が不要の場合もあるようです。)

画面のSSIDはセブンイレブンの7SPOTです。

Wi-Fiスポットの7SPOTに接続できました。

セブンイレブンのホームページに切り替わります。

画面左上のJapan Wi-Fiをタップしてアプリに戻ります。

アプリの画面では7SPOTに接続されていることが表示されています。

これでフリーWi-Fiに接続が完了です。

一度接続したWi-Fiスポットは自動接続にしてあれば次回からはそのWi-Fiスポットに近づけば自動的に接続します。

情報のセキュリティ

フリーWi-Fiは便利なサービスですが、情報のセキュリティの面からは問題があると指摘されています。

ほとんどのフリーWi-Fiサービスは通信の暗号化がされていません。

このため、クレジットカード番号や個人情報の入力を必要とするネットバンキングなどの利用は避けるべきです。

SSL/TLSに対応した保護された通信を行うWebサイト(ブラウザのアドレスバーに表示されるURL「http://」にセキュア(Secure)を表す「s」が付き、「https://」になっているサイト)であればそのまま情報が漏洩する危険性は少ないのですが、フリーWi-Fiでは重要な情報の入力はしないようにした方がよいと思います。

接続情報等の利用

「Japan Connected-free Wi-Fi」の利用規約には、以下の記載があります。

本サービスの位置情報及びアプリ操作ログを取得し、これらを統計情報として分析した結果を協力事業者等に提供し、地域の観光・防災施策への活用をするため当社が取得し、分析に利用する属性情報等の中に利用者の個人情報は含まれておりません。また、属性情報等を、利用者を特定可能な情報と結びつけることはありません。なお、統計情報として分析する際にサーバより抽出したデータに関しては分析後速やかに破棄します。

位置情報利用者の利用情報を統計的情報として協力事業者などに提供するとあります。

利用者の接続情報から、行動状況や範囲などを把握できます。

訪日外国人旅行者が「Japan Connected-free Wi-Fi」を使えば、彼らの旅程を細かく把握でき、どこの場所に訪れたのかなどデータとして蓄積でき、それらの情報をサービス事業者に提供しているようです。

まとめ

「Japan Connected-free Wi-Fi」について解説しましたが、いかがでしたか。

これはフリーWi-Fiサービスを横断的に利用できるスマートフォンアプリです。

このアプリを利用することで、様々な事業者が提供しているフリーWi-Fiサービスを簡単に利用することができます。

ただし、フリーWi-Fiはほとんど通信の暗号化がされていませんのでサイトの閲覧なら問題ありませんが、重要な情報の入力は注意が必要です。

無料のWi-Fiサービスですので仕方がありませんが、外出時には上手く活用することで、通信費を安く抑えたり、快適なインターネット通信ができます。

一度このアプリをインストールして、試してみたらどうでしょうか。

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする