ノマドに最適な公衆Wi-Fiサービス「Wi2 300」auなら無料

こんにちは、神住です。

スタバなどのカフェでノートパソコンを開いて仕事しているノマドの人が多いですね。
※ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」の意味で、時間と場所にとらわれない働き方のことです。

かく言う私もカフェでノマドをしていますが、これにはノートパソコンとセキュリティ保護のある公衆Wi-Fiサービスが必要になってきます。

私はノマドの際、公衆Wi-FiはWi2 300を無料で使っています。

暗号化されていて情報の盗み取りなどが防げて安全な公衆Wi-Fiですが、SSIDがたくさんあったり、オプションエリアもあったりで使うのにはややこしいサービスです。

そんなWi2 300についてまとめてみましたので解説したいと思います。

スポンサーリンク

Wi2 300とは

そもそもWi2 300とはどんなサービスなのでしょうか。

運営している会社は、KDDIグループの株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスで、「公衆Wi-Fi専門事業者」に位置付けられる通信事業者です。

法人向けにWi-Fi環境構築を提供しているほか、個人向けにWi-FiサービスWi2 300を提供しています。

Wi2 300は、個人向けのサービスでは日本全国最大規模のエリアを誇る公衆無線LANサービスです。

かなりのエリアに拡大していますのでWi2_clubやWi2premium_clubなどをWi-Fi設定の画面で見たことがあると思います。

交通機関、カフェ、レストラン、公共施設などで、パソコンやスマホなどの端末をインターネットに接続してくれます。

利用できるスポットは次のサイトから検索できます。

Wi-Fiサービス Wi2 300は日本全国の公衆無線LANエリア(スターバックス、マクドナルド、空港、バス等)でご利用可能。ノートPC、iPhone、Android 等のスマートフォン、iPad などのタブレットで気軽に300Mbpsの高速ネット接続が可能!

申し込みプラン

このサービスを利用するには、月額362円(税抜)の有料プランに申し込むか、auの契約者であれば、auピタットプラン、auフラットプラン20/30、LTEフラットなら無料で利用でき、その他のauプランなら月額300円(税抜)で利用できます。

また、時間制のワンタイムプランもあります。

グループ会社であるauのユーザーにはauの契約プランによって無料で全エリアで使える特典があります。

私はauフラットプランで契約しているauのユーザーなのでWi2 300を無料で使えて得しています。

auのユーザーであれば申し込んで利用することをおすすめします。

利用できるSSID

利用申し込みをして、Wi2 300のログインIDとパスワードを設定すると、SSIDのネットワークキーが割り当てられます。
※SSIDとは無線LANのアクセスポイントを識別するための名前です。

使えるSSIDは全部で7つありますが、ネットワークキーが有るSSIDは3つです。

  SSID ネットワークキー  暗号化方式
Wi2 無し 無し
Wi2_club 有り WPA/WPA2 PSK
Wi2_free 無し 無し
wifi_square 無し 無し
Wi2premium 無し 無し
Wi2premium_club 有り WPA/WPA2 PSK
UQ_Wi-Fi 有り WEP

ネットワークキーが有るSSIDは暗号化でセキュリティ保護されており、安全な通信ができます。

セキュリティの面から、利用するSSIDは3つだけです。

暗号化されていないSSIDは使わないようにしましょう。

ネットワークキーはWi2 300のマイページから確認できます。

「ベーシックエリア」と「オプションエリア」

Wi2 300には、スポット・場所によって「ベーシックエリア」と「オプションエリア」に分かれています。

例えば、スタバはベーシックエリアで、タリーズコーヒーはオプションエリアになっています。

利用可能なエリア検索をすればスポットがどちらのエリアなのかはわかります。

ベーシックエリア で使えるSSIDは以下の5つです。
・Wi2
Wi2_club
・Wi2_free
・wifi_square
UQ_Wi-Fi

オプションエリアで使えるSSIDは以下の2つです。
・Wi2premium
Wi2premium_club

また、Wi2 300の契約プランによって利用できるエリアに違いがあります。

契約プランには「月額定額プラン」と「ワンタイムプラン」がありますが、月額定額プランでは利用可能エリアが、「ベーシックエリア」となり、「オプションエリア」の利用には時間制の追加料金が必要となります。

ただし、auのユーザーの契約プランである「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」なら「オプションエリア」も追加料金なしで利用できます。

つまり、auのユーザーであればどの端末でも全エリアで利用ができます

ワンタイムプランでは利用可能エリアは「ベーシックエリア」「オプションエリア」両方になります。

Wi2 300では利用できるSSIDが複数あったり、エリアが分かれていたりするため、ちょっとややこしくてわかりづらいですね。

Wi-Fi接続の仕方

契約の申し込みが完了しましたら、Wi2 300に接続してみましょう。

今、スタバに来ていてWi-Fi接続をしてみますので説明します。

ノートパソコンWindows8.1での操作になります。

マウスカーソルを画面右下の角にもってきます。

次に「歯車マークの設定」をクリックします。

コントロールパネル」を選択します。

ネットワークとインターネット」をクリックします。

次に「ネットワークに接続」をクリックします。

今いるスタバで接続可能なSSIDが出てきます。
この中からベーシックエリアで使われるWi2_clubを選択します。
なお、盾のアイコンが付いているSSIDは暗号化されていないものですので接続しないようにしましょう。

Wi2_clubを開いて、接続をクリックします。

Wi2 300のマイページに記載されているネットワークキーを入力します。

ここはベーシックエリアです」のページが開きますので、ログインIDとパスワードを入力してログインします。

これでネット接続が完了します。
このページはセキュリティ確保のため暗号化しております」と出ています。

同じようにオプションエリアで使われるWi2premium_clubに接続してみると、「ここはオプションエリアです」のページが開きます。
オプションエリアチケットが必要であると出ますが、そのままログインすると接続できます。

auのユーザーであれば、オプションエリアチケットなしで接続できるようになっています。

まとめ

Wi2 300について解説しましたが、いかがでしたか。

カフェでノマドするにはちょうどよい公衆無線LANサービスです。

auのユーザーであれば契約にもよりますが無料で全エリアでサービスを利用できますので、申し込んで利用したほうが良いと思います。

たまにはWi-Fi環境のあるカフェでノートパソコンを開いて作業するのもいいもんですよ。

Wi2 300の利用申込みはこちらのサイトからになります。
※auのユーザーは「auご契約者向けプランはこちらから」をクリックして申込んでください。

「Wi2 300」の新規お申し込みページです
関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする