Google Play Musicで何曲でも保存、いつでもどこでも音楽が聴ける

こんにちは、神住です。

以前の記事でGoogleフォトについて解説しましたが、Googleフォトはスマートフォンやデジカメ、パソコンの中にある写真をクラウドサーバーにバックアップしてくれるGoogleが提供しているサービスです。

このGoogleフォトのサービスと同様にGoogleにはCDなどの音楽ファイルをクラウドにバックアップして、ネットを通じてPCやスマホなどから再生することができるサービスがあります。

これがGoogle Play Musicです。

Google Play Musicを用いることで、無料でクラウドに50,000曲までの音楽ファイルをバックアップすることが出来ます。

私もすべての音楽コレクションをGoogle Play Musicに保存し、管理できるようになりました。

これらのバックアップにはパソコンがあると便利です。

Google Play Musicの設定について

Google Play Musicの設定方法は、以下のとおりです。

1.パソコンでGoogle Chromeから、アプリの「Play Music」を起動します。

2.Google Play Musicの定額の有料サービスは利用しないで、無料のサービスを選択しますので、「利用しない」をクリックします。

※有料の音楽配信サービスはGoogle以外にもいろいろありますので、希望される場合は他のサービスと比較検討されたらよいと思います。

3.Google Play Musicの無料サービスに関する説明が表示されますので、「次へ」をクリックします。

4.居住地の確認のために、クレジットカードなどの登録が必要ですが、請求は発生しません。「カードを追加」をクリックします。

5.カード情報を登録し、「保存」をクリックします。

6.次の画面で「有効化」をクリックします。

7.次の画面が出たら「インストール」をクリックします。これはGoogle ChromeにGoogle Play Music機能拡張がインストールされます。

8.「アプリを追加」をクリックします。

インストールが終了すれば、設定は完了です。

持っている曲をパソコンにダウンロード、Google Play Musicにアップロード

あなたが持っているCDなどの曲をパソコンにダウンロードして、パソコンからGoogle Play Musicにアップロードしてみましょう。

どんな音楽マニアでも50,000もの曲はさすがに持っていないと思います。

ということは、すべての曲をGoogle Play Musicにバックアップして管理ができるということです。

ストレージ容量を気にしないで、スマホでいつでもどこでも好きな曲を聴くことができます。

私も音楽のコレクションすべてiTunesにダウンロードしてから、Google Play Musicのクラウドにアップロードしました。

音楽データはクラウドに格納されていますので、ネット接続できる端末さえあれば、どこでも音楽を聴けます。

Google Play Musicでは、パソコン、スマホ、タブレットなど最大 10 台の端末で音楽を再生できます。

まずは、CDから曲をパソコンに取り込んでみましょう。

手順はこちらのサイトを参照ください。

次にGoogle Play Musicにアップロードする方法ですが、次のサイトが分かりやすいです。

スマホで聴く場合は、Google Play Musicのアプリが必要ですのでインストールしてください。

まとめ

あなたが持っているCDなどの曲をパソコンにダウンロードして、パソコンからGoogle Play Musicにアップロードしてみましょう。

無料でクラウドに50,000曲までの音楽ファイルをバックアップすることができ、いつでもどこでも音楽が聴けます。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする